掛け持ちのバイトもゼミも思い切ってやめた結果、本当にやりたいことが見つかった

 

大学3年生の夏、

それまでの全大学生活を費やしてきた3つのバイトとゼミ(あと元彼との同棲生活)

もう一気に辞めました。

 

大学生活でこの3つ以外に頑張ったことが本当になかったから

これを辞めたら就活の時に「大学生活で頑張ってきたこと」を何ひとつ語れなくなる…私の人生終わり…

ってめっちゃ悩んだけど

 

 

思い切って頑張ってきた私の大学生活の全てを失ったら、本当にやりたいことが見つかりました。

 

 


なんのために大学に通うのか分からなくなった


 

大学生活といえば、サークルや部活をやったり、皆んなで飲み会に行ったり、友達と授業を受けたり……

っていうのが普通なんだと思うけど、

 

私の大学生活は全て、勉強(研究)とバイト3つでした。

 

専門は大学教育について。

来る日も来る日も、夜中まで文献を読んでました。

 

なんでそんなことをしてたのかっていうと、

なんのために大学に行けばいいか分からなかったから。

そして、大学を出た先で

なんのために自分が生きたらいいのか分からなかったから。

 

だから「大学教育とは何か?」を勉強すれば答えを得られると思ったんです。

 

 

勉強はきつかった。

ついでに勢いで入ったゼミも、東大とか一橋とか慶応の大学院に進学しちゃうような

ガチ勢が集まってくるところに入っちゃって。

 

「そのゼミでの価値観」がものすごく強くて、そのひとつの価値観でしかものが見れなくなるような環境。

大学院に行くつもりもなかった私には、その組織が非常にいずらかったんですよね。

 

 

それまで自由に好きなように読んでいた本や文献も、

「ゼミの研究のため」「ゼミでの研究発表のため」に読むようになって

「本当には私がやりたいことなんかな?」って苦しくなったんです。

 

さらにバイトも3つ掛け持ちしてました。

コールセンターに週3通って、家庭教師と塾講。

(ついでに当時、元彼とも同棲してたから家事もやってました。大学行きながらね)

 

バイトはそれなりに信用されて重宝してもらってたから決して「嫌い」ではなかったんだけど

でも楽しくもなかった。

 

 

できることなら休んでお家で大好きな文学小説を読みたいと思ってたし

毎週月曜日のゼミの日は毎週お腹痛くなってたし、

時間ない中での家の家事は体力的にもきつくて、

面白いと思ったこともない授業の単位を取るために毎日学校へ行って

家に帰ったら大量の宿題に取り掛かって…

 

もはやこんな生活から脱しよう!っていう発想すらなくて

そんな毎日が当たり前だと思ってました←実はこれが一番危険

 

 


必死に頑張って辿り着いた場所は、迷路の中心だった


 

そうやって毎日一生懸命働いて経験積んで、

一生懸命勉強してれば(あと家でご飯を作っていれば)

いつか本当にやりたいことが見つかるんじゃないか。

まぁ少なくとも就活でなんとかなるんじゃないか。

 

そんなことを思ってストイックに頑張っていました。

そんな生活を3年間してたんですが、とあるバイト先で給料が支払われないという経験をしました。

 

 

それをきっかけに、ふとこれまでの自分を振り返ってみると

気がついたら就活の時期が差し迫っていて

でも社会に出てやりたいと思うことなんて何にもなくて…

 

 

ふと立ち止まって、客観的に自分を見てみたときに、

私はなんのためにこれをやっているのだろう?私はどうなりたいんだろう?

 

ってことがさっぱり!!分からなくなってしまったんです。

 

ぎゃー。完全に方向を見失って迷路の中に突っ走ってたわ……

 

って絶望でした。

 

でもそこで気づいたことは、

 

知らず知らずのうちに

ワクワクしない、変わり映えのない、ただ時間に追われる毎日に

実はものすごいストレスを感じていた!ということでした。

 

思い返してみれば、

朝目が覚めて

外は鳥が囀る爽やかな朝にも関わらず、

ベットの上の私は涙が止まらない…なんてこともありました。

 

 


もうバイトもゼミも思い切って全部辞めてよかった


 

大学3年生の冬、さあこれから就活始まるぞ〜・・・(゚_゚i)タラー・・・

っていう時期に差し掛かった頃、

私はバイトもゼミも同棲生活も、とにかく全部やめたくて仕方ありませんでした。

 

自分の今のマイナスなストレスの要素を

全部一新したかったんですよね。

 

だけどもし今やめたら…就活で語れることが何にもなくなっちゃう!!就活終わりやん……

って思ってめっちゃくちゃ悩みました。

(今思えば、本当に頑張ってたから、いくらでも言いようはあると思うけど。この時は本気でそう思ってました。就活のための実績づくりに必死でした)

 

でももし、今のこの気持ちや違和感を無視して

当たり前のように大学に進学・通学し、当たり前のように就活のための実績づくりをして、当たり前のように就職活動をしたら

 

きっと今の苦しさは一生、変わらない。

就活が終わって解放された〜!ってなっても

社会に出て同じ苦しさや辛さに直面するんだろうな。

 

私は何のために働いてるんだろう?

何のために生きられてるんだろうか?

 

だったら、もう今やっていることを全部やめてしまったっていいんじゃないか?

もう逃げったっていいんじゃないか?

って思ったんです。

 

だから、先のことは全然わからなかったけど

本当に勢いで!!ただ今の環境から逃げたくて!!全部やめました!!

 

周りの大人たちは

「大人になったら時間がないから勉強は今しかできないよ」

「皆、学生時代にもっと勉強したらよかったって言ってるから、やっておいた方がいいわよ」

「やめてどうするの?」

「こんなこともできなかったら、社会に出て困るよ」

 

ってたくさん心配のお言葉をいただきました笑

 

そんな「気遣い」を押し切って全部やめて

 

どうやったらお金稼げるかな〜?好きなことできるかな〜?って

毎日ネットサーフィンをしてたら

「ワーケーション」っていう働き方に出会ったんですよね!!

生計立てられんのかな〜?って不安になるけど、今はこの働き方が本当に好きです。

 

そうやって全部やめたら、今本当にやりたい!と思うことに出会いました。

 

 


今の自分に少しでも違和感を感じているあなたへ


 

 

今もし、あなたが今の環境に違和感を感じているのであれば、

それは間違いなんかじゃありません。

 

もちろん、会社に就職することは間違いじゃないし、いろんな働き方や生き方があってもいいと思う。

 

ただ、今の環境がなんか違う!!って感じてたり、

思うような結果が出ないときは、

 

まず自分の足元を疑ってみてください。

 

今の自分だったらこの先どうなるのか?を想像してみてください。

未来のあなたのあり方は、今日のあなたのあり方の積み重ねです

 

もし今のままから積み重なる未来が、自分の望む・期待する結果じゃないんだとしたら

今の自分を疑うべきです。

 

その結果、「今やっていることを全部やめる」っていう選択肢は間違ってないと思います。

 

安く定まるという意味での「安定」

を求めるのか。

 

それとも「本当に私がしたいことって何だろう?どんな働き方なんだろう?」

ってことを真剣に考えて、今の環境を変えようとするのか

 

未来の自分を変えたいと思うのであれば、ぜひ一度考えてみてください。

そうすれば、それを実践している人に必ず出会えますよ。

 

ルチア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です